ど淫乱どMの若妻「はる」関内デリヘルワンモア奥様

関内デリヘル

ワンモア奥様

はる

T158・110(G)・56・80
20歳

「はる」ちゃんの見所

ロリ×巨乳のコラボ

男性なら誰もが好きなロリ巨乳

Mすぎる若妻

責められるのが何よりも好きな変態奥様

感じやすい下半身

少し触っただけでアソコは大洪水

関内デリヘルワンモア奥様「はる」ちゃんについて一言

自分が関内デリヘル「ワンモア奥様」を利用する日が来ようとは、夢にも思っていなかった。たまたま買った馬券が大当たりし、俺は数百万の金を手に入れた。人間いきなり大金を手に入れると正直何をしたらいいかわからなくなる。また誰かに盗られるのではないかとそわそわする。そんな不安を払拭するために、俺はひとまずラブホに駆け込んで、関内デリヘル「ワンモア奥様」へ電話をかけ、現実逃避をしようと思った。

電話をかけてからしばらくして「はる」ちゃんがやってきた。扉を開けて中に招くと20歳のロリ巨乳が目の前に立っていた。「20歳」といっても、それはプロフィールに載っている実年齢で、実際には18歳くらいに見える若さを備えていた。「よろしくお願いします」と丁寧に挨拶をし、部屋に入ると荷物を置き、料金を支払った。「こんな美人とエッチをしていいものか」と俺は緊張していると、「はる」ちゃんの方から俺に近づいてきて、「どうしたの? そんな不安な目をして。大丈夫よ。」と言って俺のチンコをズボンの上からすりすりと撫でた。その手つきが繊細で温かく、すぐに元気になっていく俺のチンコに嬢は微笑んで胸に顔を寄せた。俺は嬢を抱いて、そのいい香りのする長い髪を撫でながら目をつぶった。まるでお花畑にいるような風景が瞼の裏に広がった。
そして俺と嬢は見つめ合い、ディープキスをした。舌と舌が絡め合う度に身体の火照りが高まっていき、もう俺はムラムラが抑えきれなくなっていた。そして「はる」ちゃんに手を伸ばし、胸を揉み始めた。弾力のあるGカップ。素晴らしい柔らかさだった。

そして「はる」ちゃんは俺の目の前に膝をついて、俺のズボンを脱がし始めた。ズボンを脱がす最中もチラチラと俺の方を上目使いし、俺の興奮を盛り立てた。そしてパンツを脱がし、もうフル勃起しているチンコを指ですごししごいた後、嬢は俺のチンコを咥えた。嬢の舌使いやピストンに俺のチンコはとろけそうだった。熟練した即尺フェラで、男が気持ち良いと感じるポイントをしっかり抑えたプロの技だった。こんな気持ちのいいフェラはしてもらったことがなかった。
緩急をつけながらフェラをし、いやらしいジュポジュポという音を立てて、嬢は俺を絶頂へと導いた。そして俺は嬢の口の中に大量の射精をした。嬢は俺のザーメンの最後の1滴までを絞りとり、お掃除フェラをしてくれた。そしてそのザーメンをティッシュにくるむのかと思いきや、ごっくんをして空になった口を俺に見せてくれた。「なんていい子なんだ。」俺は嬢の頭を撫でて、額に軽くキスをした。嬢は俺ににっこりと笑った。